初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省から共同通信の伝言ゲーム大失敗
隊長

くそ~、一足遅かったか。怪盗キッドめ、まんまと盗みおって!

勅使河原

いいえ、あの方は何もとりませんでしたよ?私の為に買った本を届けてくださったんです。

隊長

いや、奴はとんでもない物を盗んでいきました。

勅使河原

えっ?

隊長

貴方の購入履歴です。幼女緊縛マニュアルとか。

勅使河原

いやちょっと待て、そんなモン買ってませんよ!

隊長

ということでついにやったぞ勅使河原君。我々はついに発見したのだっ!小倉君とそれ以外の人間の間に横たわる巨大な溝の中身をな!

勅使河原

その前に私の購入物を撤回し――

隊長

ハハハ、まあ、これを見たまえ。

自分の情報をコントロールして出さない選択を出来るようにする、という考えは構わないですよね?

名前: サスケット | June 30, 2005 01:09 AM

 選択可能にすると、匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷しようと思っている人は、自分の情報をコントロールして出さない選択をするでしょうね。すると、やはり、ネット上での誹謗中傷の被害者が泣き寝入りを強いられる社会を続けることになりそうです。

 個人情報流出の危険性っていってみたって、文明的な生活を送ろうと思えば、それはある程度やむを得ないわけではないですか。それは、個人情報を登録させるのはけしからんという理由にはあまりなっていないわけですよ。

名前: 小倉秀夫 | June 30, 2005 02:13 AM

 ネット上で実名を名乗ることがそんなに危険なことかということ自体が実は結構思いこみだったりするのではないかとも思いますけどね(誹謗中傷に明け暮れている人々は、危険かも知れないですけど)。

名前: 小倉秀夫 | June 30, 2005 02:28 AM

やはり小倉君は情報は流出して当然と考えているようだ(というか既に流出しているから)。そして誹謗中傷の被害者に対する救済の前にはプライバシーの考慮はかなり低い。流出してもたいして危険性はない、と。

勅使河原

また上手いこと言質をとったものですね……、っていうか私の購入履――

隊長

フフフ、全くもって当然のことだったよ。共通(固定)IDや固定IPの問題、Cookieのプライバシー問題に全く乗ってこないからおかしいとは思っていたのだが。そもそもプライバシー問題とかを考慮していないなら、話題に乗るはずもないな。彼にとっては無駄でしかないから。

勅使河原

いやだから私のですね?

隊長

しかし、私を含め中にはそういった方面を考慮に入れている方は居ます。
しかし小倉さんが「悪意あるものに情報が渡っても構わない(既に漏れてるから手遅れ)」「渡っても使われなければいい」的考えでいるのであれば(と言うか、ここで『そうであった』と確認できたわけですが)、根本から議論がかみ合う訳はありませんから、そりゃあ意味がない。
何故なら、「必要あるとき(警察とか裁判時とか)に確実に個人を特定する」為の準備にプライバシーを犠牲にすることを厭わない手段をとる(正確には根本から気にしない)、ということですから。

名前: サスケット | June 30, 2005 01:09 AM

ということでこれで一定の成果は出たな。共通IDだとか個人特定のトレースが小倉君から出たときは「でもこれプライバシーの考慮とかしていないんですよね?」と書き込むことで大きく無駄を省くことができるようになる。

というか、SuperCookies問題だとか、固定IPの問題とかで今まで多くの人が頭を抱えているのに、その前提を無視して話を進めようということ自体無駄だな。「SuperCookies問題なんて考える必要はありません」レベルから始めてるようなものだ。

勅使河原

なにが悲しうてそんな言葉をIT専門の弁護士相手に……じゃなくて幼――

隊長

という訳で今回は、前回に引き続き、「情報フロンティア研究会報告書――個と個の連携を通じて知識創造プロセスの進化がもたらされる社会を目指して――」の内容に迫ってみよう。

隊長

そもそも、この情報フロンティア研究会報告書は、「ユビキタスコンピューティング(コンピューターを誰でも現実生活のいたるところで利用できるような環境)でいろんな問題解決でバンザイ」という目的の為に、ICT(≒IT)活用しましょうという趣旨で出されているものだ。

でだな。
そのためにICTを推進したいんだが、現状ではいくつかの問題――「利活用に対する忌避感とでも言うべき茫漠とした不信感」「教育水準に関係すると思われる利用格差」「社会全体のICTリテラシー(情報コミュニケーションの活用能力)が低い」ということがあるので、その問題解決のために幾つかの意見を述べさせてくださいということなんだが。

その提言に、共同通信の記事にあるような「実名で有害情報排除」なんて全然出てこない。というか問題点としても「匿名のモラルの無い行いのせいで茫漠とした不信感がある」というところに留まっている。

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた

 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

要するに実名にしてトレーサビリティだか信頼性だかを高めようとかそういう内容ではないのだよ。

例えば「(1)ネットワークの信頼性を高めるための個人のICT利用意識の向上」を見てみると、サイバースペースが匿名性の高い空間として認識され、極端な場合、ばれなければ何をしてもいいという安易な発想すら助長する傾向を持っている。とあるが、だから匿名性を同行しようという訳ではなく、現状の問題はむしろ現実世界でいうところの躾といったものがサイバースペースに関しては何ら体系立って行われてこなかったことも大きな原因である。という、モラルの向上を促せる環境を作りましょうというだけの話だ。

そして「(2)日本社会の「ICT受容力」の強化」においては、情報リテラシー能力の格差について問題視している。
本来知識創造プロセスの変革をもたらすようなPCを含めたより高度な利活用については利用者が一部の層に限られており、とりわけ教育歴の差が高度なICTの利活用経験の有無と強い相関関係を持っていることが判明している。そしてそれに次いで、日本の社会では情報ネットワークが匿名であるという認識に基づいて色々な活動が行われているがゆえその認識の元、「なんかインターネットは怖いぞ、にちゃんねるとか」と言う心理的な忌避感を生み出しているのが問題だとしている。
でもってここの解決策は「ちゃんとした教育を行いましょう」ということなんだな。

インターネットはけして、聖域でも魔窟でもなく、「ここは匿名の犯罪者で怖いインターネットですね」というわけでもなく、ごくフツーの常識で持って接するべき環境であって、現実社会と同じ感覚で活用し、ごくフツーに他人と交流することが出来ますよ、と。

そのために、匿名――いわゆる誰が誰だか区別のつかない「名無しさん@そうだ選挙ヘ行こう」ではなくて、ハンドルネームとか実名とかで他人とコミュニケーションを図りましょうということだ。

勅使河原

当然ですね。我々でも2ちゃんねるは活用しますけど、友人知人との接触には普通にハンドルネーム、あるいは実名による交流は避けられないとかいうか、避ける気も無いですから。

隊長

とまれ、提言内容は「インターネットは怖くないので普通に使ってください」という内容を地道に啓蒙や教育によって伝えて忌避感を取り除きましょうということだな。

そう考えれば、文部科学省の個人情報はみだりに出さないようにという指導要領と矛盾するとは言えない。

サイバースペース上で他人と交流する際に、「実名を出す場所」を考慮するだけの話だ。例えばメールとか、1対1のコミュニケーションだな。ブログでハンドルネーム、メール(送信相手によるが)で実名、とかならなんの衝突もないだろう?

勅使河原

要するに自己の情報のコントロール――なにを根拠に実名とハンドルネームを使い分けるか、ということを教えてあげればいいのということですかね?

隊長

本当にそこまで考えているとは言わないが、少なくとも情報フロンティア研究会報告書が述べているのは、前出の記事のような「実名でのネット使用を推進し、信頼性を高める」だとか「自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す」とか言う話ではなく、「ちゃんと勉強してモラル良くインターネットを使ってくださいね」というだけのことに過ぎないのだよ。
この内容を見る限りは、だが。

勅使河原

愛・蔵太の気ままな日記#p2を見る限りは、途中経過が流出して大げさな記事になりました、というオチっぽいですね。今後、匿名性をなくしていきたいという提案が盛り込まれないとは言えなさそうです。

隊長

しかし、ブログについても「匿名性が低いから小中学校の教育で活用する」とか言っておるし。情報フロンティア研究会報告書では「ブログでは更新が簡便なツールだから」としか言っておらんぞ?本当にどのタイミングで食い違いが出たのだろうか?

勅使河原

そこまで知りませんけど……ところでこの幼女緊縛マニュアル。買ったのは私のIDですけど、これだけ届け先住所が士官用宿舎に……

隊長

(脱兎)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>勅使河原
>そう考えれば、文部科学省の個人情報はみだりに出さないように
>という指導要領と矛盾するとは言えない。
>
>サイバースペース上で他人と交流する際に、「実名を出す場所」を
>考慮するだけの話だ。
>例えばメールとか、1対1のコミュニケーションだな。
>ブログでハンドルネーム、メール(送信相手によるが)で実名、
>とかならなんの衝突もないだろう?

これは勅使河原氏というより、隊長がコメントしているような気が…
…はっ、これが「なりすまし」かw?!
2005/07/01(金) 21:42:30 | URL | 亡者 #-[ 編集]
コメンツスクラーム
ょぅι゛ょ緊縛まにゅあるをけんさくしたのですがでてきません
どこでうってるのですかたいちょうおしえてくださいおねがいします。(えへへへへへへへへ
2005/07/01(金) 23:10:56 | URL | サヨシルバー #mQop/nM.[ 編集]
しまった、セミオートでタグ付けしてるのできがつかんかったorz<なりすまし


>ょぅι゛ょ緊縛まにゅあるをけんさくしたのですがでてきません
ふふ、正に人類の宝ってやつさ。
我々のポケットには大きすぎらぁ。
2005/07/02(土) 02:56:05 | URL | サスケット #-[ 編集]
同罪確定。
>我々のポケットには大きすぎらぁ。

我々というと・・・隊長と勅使河原氏で読んだんですね。
2005/07/05(火) 17:41:15 | URL | 佐倉河 #-[ 編集]
>我々のポケットには大きすぎらぁ。

この流れで行くと寮管に意地悪されて晒し上げとかそんな感じに思います。
2005/08/09(火) 21:58:18 | URL | 遊び人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
総務省が、ネットでの実名利用を促進するかのような記事が共同通信から配信されて、「
2005/07/03(日) 03:12:27 | 微熱日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。