初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省と文部科学省の対立?

 普通に生活をしていれば、氏名や住所、電話番号を他人に知られずに生きていくことは難しいのです。従って、ネット上でさえ匿名で過ごしていれば、氏名や住所等を晒されずに済むということはないのです。従って、ネット上での匿名性を保障することは、多くの人々にとって、個人情報がネット上に晒されることを回避する対策として有効ではないのです。

名前: 小倉秀夫 | June 27, 2005 10:23 AM

氏名・住所などの個人情報は、ネット上で匿名で振る舞っていても多くの人に把握されているのですから、必要なのは、ネット上で匿名で発言できるようにする工夫ではなく、悪意のあるものが個人情報を悪用できないようにする工夫です。

名前: 小倉秀夫 | June 28, 2005 01:01 AM

すごい簡単ですよ。

悪意あるものに情報が渡らないようにするんです。

名前: サスケット | June 28, 2005 01:26 AM

どうやってですか?

氏名、住所、性別、生年月日なんて、住民基本台帳に掲載され、公開されていますし、社会上に存する様々な公的あるいは私的なサービスを受けるにあたって、氏名、住所、電話番号、生年月日等を登録するなんてことは、普通の人々は日常的にこれを行っており、この種の情報は既に様々な人に行き渡っているのですが。

 それに私たちは、現実社会で交流のある人には通常実名を教えてしまっているのですよ(住所や電話番号等まで教えてしまっていることすら少なくありません)。

名前: 小倉秀夫 | June 28, 2005 02:01 AM
隊長

ふむ……なるほど。小倉君に足りないものが何かやっとわかったよ勅使河原君。つまり、自分の情報をコントロールするという概念がないんだ。

我々は、「友人にはここまで公開」「知らない人には公開しない」という類の判断を行っているのだが、小倉君の頭においては友人だろうとなんだろうと、公開したら公開でおしまいなのだよ。なるほどそれでは意見がかみ合わないはずだ。

勅使河原

友人に公開したらそのまま悪人に流れても当然ということなんでしょうか?
確かに、学校に入学(公開)したら、いつのまにか卒業アルバムが名簿屋経由して拡散とかはよくある話なんですが。

隊長

……そこまではわからんのだが。しかしまあ、「友人に」とか言うレベルの話で言うと、そういうことはしちゃイカンと文部科学省のえらい人は考えていたはずなのだが。

他人の個人情報を無断で開示するなど,他人のプライバシーを侵害しないこと。

仮に、小倉君の言うように「現実社会で交流のある人」に教えてしまったら悪意あるものに情報が渡るも同然だというのなら、むやみに他人に渡さないように教育をするとかなんとか有ると思うのだけれども。ああ、それすら無意味か。「既に広がっている」のだからしてもう手遅れなんだな。なんと怖いインターネットか?!……というかもうここまできたらインターネットとか関係ないレベルだな。

勅使河原

小倉先生の意見だと、情報が渡っているのを前提に、情報が悪意ある人間に渡っていても使われないようにしようという話ですよね。……どうやって?

隊長

どうやるというか……まあ、なんだ。町村殿の言うとおり小倉君の反論がそもそも反論になってないと解釈したほうがよかろ。

「ネット上の活動に起因してプライバシー侵害を受けることを心配しているのですから、ちょっと話がすれ違ってますね。」

現実において友人知人のみならず、全く知らない人や名簿屋などにも情報が広がっているのは間違いないことだとは思うが、だとしても「既に広がってるから、ネット上で改めて広げても(使われなければ)問題ならない」という暴論は話が合わんだろう。

とはいえ全く無視するのもかわいそうな気がする……というか、われらは左翼に味方するブログなので、あえて話題に乗ってみるならば、こう解答するところだろうか。

「ネット上の活動に起因してプライバシー侵害を受ける」パターンと「不特定多数の個人情報から何の意図もなくランダムで受ける悪意」のパターンを混同してはいけません。

勅使河原

乗るどころかめさめさ突き放してますよ!

隊長

むう……私だってなあ、辛いんだ、押したいんだよ!

勅使河原

怪しげなスイッチを掲げてヘンなこといわないでくださいよ!Σ( ̄д ̄ )

隊長

ところで今日の本題だが。

勅使河原

今までのは本題じゃなか…ま、いいです。実のところ総務省がこんなことを言っているのですが。

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた

 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

なんだか小倉先生とほぼ同様のご意見ですな。

隊長

いや、もういろんなところで言われていることなんだが、文部科学省としては先生が子供達に指導する際にこんな事例を挙げているのはどうする気なのだろうか?

そもそもプライバシーとは,個人の私生活に関する情報のことや,それを勝手に他人に知られたり,見られたりしない権利をいいます。それらの情報とは,氏名・年齢・住所・性別・電話番号・学校名・クラス名,趣味・嗜好などのほか,人種及び民族,門地及び本籍地,信教,政治的見解及び労働組合への加盟,保健医療及び性生活などです。インターネットの掲示板などでは,簡単に他人になりすまして個人情報を公開し,人に迷惑をかけたり被害をもたらしたりすることがあります。

(略)

これから児童生徒たちが,Webページや電子メール,掲示板などを利用していくことになります。ただインターネットの世界には,善良な市民から犯罪を犯している悪い人までいろいろな人がいますので,児童生徒が被害にあう可能性があります。

よい人ばかりが見ているとは限らないね。

自分の情報を,やたらとWebページ上に載せてはいけないのね。

麻生殿ぉぉぉぉぉ!殿中でござる!内輪揉めはいかんでござる!

勅使河原

……いや、別に内輪揉めしてる訳じゃないと思うんですが。

隊長

じゃあ、なお悪いじゃないか。揉めてないのにこんなに内容が違うということは「そもそも読んでない」「事前勉強してません」とかそういうことにならんかね?

勅使河原

そういわれると困りますけど……。

隊長

というかだな。小倉君といい総務省のえらい人といい、何でこう短絡的な発想なのだろう?いや、確かに深く考えなければ「匿名性が高いからヘンな情報がばらまかれる。だから実名にしよう」となるのは仕方ないのかもしれないが、そんなネットもよく知らない人とかじゃないのだから……ホントによく知らないで言ってたらどうしよう○| ̄|_

勅使河原

まあ、確かに「匿名性が高いから違法な内容が掲載される」という根底には「匿名だから捕まらない」という考えがあるのは間違いないことでしょう。安易に流れれば「匿名じゃなければ捕まえられる」のは間違いないですからね。

隊長

しかしその解決策は、「匿名でも捕まえられればよい」のであって、文部科学省と内紛をしてプライバシー問題の考慮とかを除外してまで「実名で捕まえる」にこだわる必要はないはずなのだが。

しかも、「全て実名に変更して悪人を漏れなく追い詰める」くらいの前提がないと「有害情報の温床」でなくすることなど出来ないし。総務省がどう実名を達成する気かは知らないが、小倉君バリに「アクセスログを手繰ってのプロバイダへの照会」というレベルを否定してのことだったら今後が見ものではあるな。固定IPでも持ち出してくれるのだろうか?まさか共通ID開発だったら狂喜乱舞。

勅使河原

ああ、総務省の実名の達成手段なら概要はちゃんと書いてありますよ?

ほら( ・_・)つ「実名でのネット利用を促す」「匿名性が低いとされるブログやSNSを小中学校の教育で活用する

まったく。資料はちゃんと読んでくだ……

隊長

……。

勅使河原

……隊長?……うわあああわあああ、衛生へーいっ?!隊長がいろんな穴から赤いものを垂れ流してーっ?!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
隊長、タイトルが無いもんだからトラックバック失敗してますゼ?
http://obiekt.seesaa.net/article/4674584.html#trackback
2005/06/29(水) 01:49:14 | URL | JSF #-[ 編集]
ぐは…素で忘れてました。
不正なデータは削除してしまってください。

というかseesaaは弾きも訂正もしてくれないのか……。
2005/06/30(木) 00:47:14 | URL | サスケット #-[ 編集]
処理しました。

ところで結局この総務省の動き、オグリンへの助け舟としてはイマイチなようで・・・分散型の個人認証システムが求められるとか、公開鍵方式の実証実験だとか、そういうのは最終報告書から見受けられましたけどね。
2005/06/30(木) 02:09:06 | URL | JSF #-[ 編集]
この話、どうやら共同通信の勇み足というか
一部の委員の暴走みたいな感じですよ。
リンク置いていきますね。

情報フロンティア研究会報告書:bewaad institute@kasumigaseki
http://bewaad.com/20050629.html
ネット匿名禁止令と、その背後に主張を持っている人など
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20050628#p2
2005/06/30(木) 02:22:15 | URL | 黒影 #-[ 編集]
結局小倉氏への援護射撃ではなかったようですねw
で、ネット上での活動とトレーサビリティについて小倉君が一番勘違いしてるのは「リアルで情報が知れてるんだから、もう隠す必要が無い」とかそういう問題じゃなく、「ネット上でのあれこれという発言をしたのは、結局リアルでの誰であるのか」このネットとリアルの情報を結び付けられたくないって話だったはずなんですけれどね。小倉氏も最初は自分で言ってたはずなんですけれどね。ネット上でのある発言が、リアルでの誰によるものであるのか知りたいって。そこが争点だったはずなのに、話題逸らしなのか、話題を忘れてしまったのか。。。
2005/06/30(木) 02:30:52 | URL | Мышкин #-[ 編集]
面白い考察
http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/4__a1b0.html
一連の続き物の最後です。
2005/07/31(日) 10:21:17 | URL | サヨレンジャー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「情報フロンティア研究会」の最終報告書を見て来ましたけれど、本当に『義務教育過程におけるブログやSNSの導入(全生徒・児童のアカウント確保)』と書かれていました。果たして本気なんでしょうか、文部科学省の方針とかなり違うみたいなのですが。 さて、注目の実名・匿
2005/06/30(木) 02:07:33 | 週刊オブイェクト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。