初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼の救世主殺人事件
隊長

勅使河原君。内偵を進めてもらっていた鋼の救世主殺人事件のほうだか調査結果はどうかね?

勅使河原

はっ、その件ですが……捜査線上に「キラ」なる人物の名前が浮かび上がりました。こちらの資料をご覧ください。

隊長

くっ…許さんぞ「キラ」め。よくも鋼の救世主殿を……

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメンツスクラーム
なんかネタにはコメントがつかないブログですね。
やはり時代は左翼!
読者の皆が期待しているのはサヨクの救済なのだよ!!!
2005/05/19(木) 05:57:08 | URL | サヨシルバー #-[ 編集]
コメンツマッスルドッキーング!
真の鋼の救世主とは、この事を言うのですよ!

20日京都新聞朝刊「窓」より

「交通機関使命安全がすべて」
中京区・藤原辰三郎(自営業・80)

私は平成12年3月の窓欄に「快適さより安全にこだわれ」と
東京都営団地下鉄の脱線衝突事故の直後に投稿した。
投稿文は、交通機関の使命は「安全」「快適」「優しさ」が基本との
事であるが、私は安全だけでよいと力説した。快適さが先行して
危険が増大するのでは、と言う危惧からである。
今回のJR脱線衝突事故も、快適さを追求した車両の構造から、
多数の死傷者を出した。快適な車両とは、窓が大きく、軽量化
(ステンレス製)によって消費電力を少なく、出足が速くスピードが
出るものである。
安全な車両とは車体は鉄骨づくり鉄板びょう内で、窓は小さく、
四人掛け座席も乗客をガードする鉄製でなければならない。
また、カーブに平行して取り付けられるレールの脱線防止ガードは
カーブの長さに関係なくすべてに取り付ける必要がある。新幹線は
新潟地震時に脱線事故があり、全線に取り付けて安全を確保すべきで
ある。時速二百キロ以上の列車が脱線転覆すれば、恐ろしさは
想像を絶する。
乗客は快適、便利さを望むが、人命を預かる交通機関は重大な
責務のある事を常に忘れないでほしい。

---------------
鋼☆鉄!リベット!この車両はPUNK!
ついでに障害物を破壊する砲塔もつけましょう。
武装列車。時は世紀末。ヒャッハー!
2005/05/20(金) 23:37:33 | URL | サヨセピア! #mQop/nM.[ 編集]
我々でも助けられる困ってる左翼の方ぼしうちう


ところで鋼鉄でリベットときたら関節は蛇腹で、角張ってないと駄目でしょう、
ちなみにあんまりガチガチでも衝突の衝撃で吹っ飛ばされたときに壁にぶつかって死んだり、衝突時ショックの吸収が出来なかったりするのではないかとマジレスしてみるテストー
2005/05/21(土) 00:39:46 | URL | サスケット #-[ 編集]
コメンツスクラーム
うーんそうだな。
ここはネット右翼を撃破してみてはどうだろう。
とりあえず今現在炎上している緑のjfkldうわなにをするd;ogojaidjdlks
2005/05/21(土) 19:46:47 | URL | サヨシルバー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。