初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リピータを増やす2つの要素
隊長

とあるサイトで興味深い話題があったのでちと考えてみたいのだが。

つまり、どんな大ヒットでも、それが1回だけならリピーター様は獲得できないケド、中ヒットや小ヒットでも、それがたくさん出ていればリピーター様は獲得できるということなのですよー。

ところで勅使河原君。リピーターがリピートして見に来る理由とはなんだろうか?

勅使河原

そりゃあ……巡回先に見るべき内容があるからじゃないですか?

隊長

うむ。そのサイトを見てもいないうちから多分面白いと思うから見に行く。つまり、リピーターが以前見たときと別の面白い記事があるはずだから再訪問するということになる。

勅使河原

まあ、同じ記事を読んでも意味ないですし、かといってつまらないものは見ないですからね。

隊長

つまり、リピートしてもらうための条件は以下の二つであると考えられる。

  1. 読者に前と違うものがあると予測させる。
  2. 読者に前と違う記事も面白いはずだと予測させる。

とまあ、この二つを読者に予測させればリピータを増やすことが出来るはずだ。

勅使河原

また簡単にいいますな……。

隊長

一つ目はそう難しくない。「更新頻度は一日一回あると良い」とかよく言われている話しだし。例えば毎日更新しているサイトなら「翌日も違う記事があるだろう」と予測させることが出来るので、毎日訪問を望める。週一更新のサイトなら、日曜に一回行けばいいやという予測をされてしまう。

勅使河原

では、面白いはずだと予測させるには?

隊長

それが冒頭の話題に繋がるのだよ。ものすごく乱暴な例えをするが、今月一回一万ヒットを飛ばしたサイトと、10回千ヒットを飛ばしたサイトとどちらが先にヒットを飛ばすと思うかね?

勅使河原

む、確かに確率だけ見れば後者ですかね……。

隊長

『中ヒットや小ヒットでも、それがたくさん出ていれば』次もヒットするだろうという予測に繋がるのだよ。何度も面白いものを見せられれば「この人は次も面白いものを出してくる」と思わせることが出来るだろうから。まぐれなのか実力なのかを閲覧者に予測させるには一度だけでは足りないだろう。

勅使河原

むぅ…結局はアクセスアップの条件は、まぐれでなく継続的に面白いことを書ける才能ということですか……。

隊長

別に才能でなくても発想でも努力でもいいが。

勅使河原

そういえば侍魂も先行者以外にヒットマン事件簿とか大ウケでしたねぇ。

隊長

ちゆも更新頻度が落ちてからアクセス数が激減しているし……それでもリピートされてるのはたいしたものだが。私もちゆはブックマークから落ちてWWWC入りにランクダウンさせてしまったよ。

勅使河原

どんなに面白くても不定期更新だと見に行く手間が無駄になってしまうというわけですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リピーターはそんなに重要か
1週間に1回更新とか月1回更新とかのサイトはどうしても毎日更新しているサイトに比べてアクセス数が少なくなりますが、ユニークビジター数のカウントを1日ではなく1年で区切ってカウントしたら、さほど差はでないと思います。

リピーターは少なくても読者は多いサイト
リピーターは多いが読者は多くないサイト

私は前者を目指します。(つまり更新頻度が少なくても済む~)
ちなみに更新停止した旧ブログは未だに毎日2000~3000アクセスあるのです。
インフォシークに作った本館サイトの方はここ数ヶ月更新していませんが、やはり1日あたり2000くらいのアクセス数。
2005/05/04(水) 14:52:44 | URL | JSF #-[ 編集]
私の場合
・リピータ=サイトの読者
・非リピータ=一見
・記事の読者=サイトの読者+一見
・ユニークビジター=サイトの読者+一見+記事も見ないで帰った
みたいな考え方だったり。


しかし更新の無い旧サイトのユーザのパターンが気になるところですね。
考えられるのは、
・旧サイトにリンクが張られているため、偶然飛んできた一見
・ブックマークを新しいサイトに更新するのが面倒なので旧サイト経由で新サイトにアクセスするリピータ
の2パターンが主な動きかと予想してるのですが、ノートン先生などのせいでリファラが信用できなくて調査不能。
2005/05/05(木) 00:20:50 | URL | サスケット #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。