初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「誰が言ったかは重要ではない」といいながら発言者が誰か確認する意味は
「誰が言ったかは重要ではない」といいながら発言者が誰か確認する意味は


一部で有名な、過去の意見と今の意見が一致しないことを正当化してしまった小倉秀夫さんがこんなことを言っています。

la_causette: 匿名さんは「誰が言ったか」に過剰に拘る

 「誰が言ったか」をどれだけ重視するかは読み手の選択の問題なので、話し手の方が「誰が言ったかは重要ではない」といって話し手の属性情報を隠すというのはある意味不誠実だし、話し手としての自分は「誰が言ったかは重要ではない」としてその属性情報を隠しておきながら、読み手としての自分は「誰が言ったか」を重視して話し手の属性をネガティブに評価してみせることで内容に対する反論に代えてしまうというのは身勝手であるとすらいえます。


なるほど、「誰が言ったかは重要ではない。内容こそ大事だ」と言いながら、同じ人間が「 過去音羽記者がこんな言葉を述べました」みたいな言うことを問題視しています。



なんと言う矛盾か。




なんてことは落ち着いて読むと全くありません(笑)
簡単な話です。
そして小倉さんが大きく間違っているポイントがあります。


矛盾しているわけではなく、小倉さんが言っている「誰が言ったか重要」と「誰が言ったか重要でない」という問題事例の比較が違っています


これもよくある印象操作ですね。
「彼ら」が拘っているのは実名や個人情報ではなくて、「実績」です。

【本人確認の強化】だとか【、「実名探し」を回避するために】だとか言っている時点で間違いは明白ですが、小倉さんが言う「誰」とは「あなた誰?」ということです。そう、小倉さんは、ハンドルネーム≒匿名の区分けで語っています。
しかし、読み手の求めている「あなた誰?」は正確には「あなたは今まで何をやってきた人なの?」ということです。
小倉さんが言う「誰?」という答えは実在する名称、個人を識別できる情報などでないといけませんが、
「彼ら」が言う「誰?」というのはハンドルネームで充分です。



信頼性を高めるには実績こそ重要です。

そう、ここが重要です。

小倉さんは盲目的に「言葉の信頼性を高めるなら実名で」と述べてきましたが、それでは何の役にも立ちません。
意味があるとすれば小倉さんが言うとおり「本人確認」が必要になりますが、これもやはり小倉さんが言うとおり「発言すると自分の名前に傷がつくことを忌避するインセンティブが働くからクオリティが高くなる」という効果があってのことです。
つまり、世間体やら何やらを人質に取った私的制裁を基にした案です。私はこれを指して危険な案だと思っています。

もちろん有名な人なら、実名に実績が付随します。
しかし無名の素人が実名名乗ったところで実績なんてないんです。
無名ですから。

つまり、数多くの無名の人にとって見れば「あなたの実績は使えません(存在しません)。しかし、あんたの個人情報はなにかに使えるかもしれない」ということです。
有名人と違いメリットがない。


また、小倉秀夫弁護士が勘違いしている点が【匿名ブロガー、匿名コメンテーターさんたちは】というポイント。
別に「彼ら」は全部が全部匿名ではなく(匿名の人もいますが)ハンドルネームを使用しています。
そして、実績を重ねるにはそれで充分なのです。
音羽記者(笑)がトニオというハンドルネームで暴れまわった実績は、ハンドルネームであっても残り続けている。
たまたま彼が実名を出したためにきっちり音羽記者(笑)という名前にまで反映されただけのことです。



そもそも信頼とは何にくっつくものでしょうか?
名前ですか?

いいえ、そんなことはありません。
あくまでも名前にくっついた実績にこそ、信頼が与えられます。
過去に暴れまわった愚か者の新聞記事など誰も信用しないのです。
仮にその記事を書いた記者の実名がわからなくても、「過去に馬鹿をやった」ということがわかっていれば充分。そう。拘っているのは「名前」ではないのです、

小倉秀夫弁護士ともあろうものが、

la_causette: 一人の少女を不幸から救い出す手助けができるのであれば、過去の言動との整合性などどうでもよいではないか

音羽さんの件でもそうだし、松永さんの件でもそうなのですが、匿名の陰に隠れないと言いたいことも言えない人たちは、どうも他人の過去にこだわりすぎなのではないかと思えてなりません。「誰が言ったかは重要ではない。内容が重要なのだ」というのならば、それを語った人の過去の発言やら過去の行動などというものを重視するのはおかしいと言うことになります。さらにいうならば、その人が同時並行的に別の場所で語っていることすらその発言を評価する上での要素に加えることはおかしいとすら言えます。




などと述べていますが、大間違いです。
なんでこんな愚かな発言ができるのか。

「過去に言った内容」と「今言った内容」が違う人間は信用されないのは、「名前」にこだわっているのではなく、「同じ人間が言った内容」に拘っているからです。
たとえばmixiでこっそり「あの客は馬鹿だ」という発言をしている人間が、別の場所で「お客様は神様です」などと述べても誰も信用しない。当たり前すぎることです。
たとえば過去に「2ちゃんねらーに実名暴かれていじめられたmidnightpax氏が可哀想」と言いながら、今になって「2ちゃんねらーは匿名で隠れて卑怯なことをするから実名にすべきです」などと言ったばあい、「こいつは2ちゃんねらー叩きをしたいために、矛盾してようが平気で暴れるんだな」と評価されます。


「お前が匿名とか実名とかはどうでもいい。お前、以前言ったことと違うじゃないか」


問題はそこなのです。「名前」は"以前"と"今"の関連付けに使われているに過ぎません。
重要なのは常に、名前ではなく内容なのです。話し手の属性が評価されるのは、過去の「内容(=実績)」の評価に他なりません



うそつきの言うことは信じない。
もちろん、ソース元から信頼性を探れないからといって、ほかに信頼するに足る条件がそろっている内容を信頼しないなんてありえません。
拘っているのが名前ではないためです。
発信者の名前は「情報」に信頼性を与える実績のひとつのパラメータにはなりますが、
それがなくてもたとえば、証拠データのひとつも加えてやれば「情報」を信じるだけの実績となる。

匿名でホリエモンが送金指示メールを出したといっても誰も信じませんが、
メールの紙データという証拠を見ることで、匿名のタレコミを事実だと判断した例もあります。


そうして永田議員は嵌められたのですが(笑)
当然、ライブドア送金指示メールに疑いを抱いていた人間は、タレコミを抱いた人間が匿名であることだけを理由にせず、証拠の問題点もきっちり取り上げていました。



重要なのは内容です。
その内容を判断するための指針として、発言者が信頼できる人間なのかはひとつのポイントとなります。
ですが、もちろん言った人間が偉い人であっても、朝日新聞であっても、まともに信用してはいけないということは過去の実績が示していますので、さまざまな視点からニュースの検証が必要なのは言うまでもありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。