初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省から共同通信の伝言ゲーム大失敗
隊長

くそ~、一足遅かったか。怪盗キッドめ、まんまと盗みおって!

勅使河原

いいえ、あの方は何もとりませんでしたよ?私の為に買った本を届けてくださったんです。

隊長

いや、奴はとんでもない物を盗んでいきました。

勅使河原

えっ?

隊長

貴方の購入履歴です。幼女緊縛マニュアルとか。

勅使河原

いやちょっと待て、そんなモン買ってませんよ!

隊長

ということでついにやったぞ勅使河原君。我々はついに発見したのだっ!小倉君とそれ以外の人間の間に横たわる巨大な溝の中身をな!

勅使河原

その前に私の購入物を撤回し――

隊長

ハハハ、まあ、これを見たまえ。

自分の情報をコントロールして出さない選択を出来るようにする、という考えは構わないですよね?

名前: サスケット | June 30, 2005 01:09 AM

 選択可能にすると、匿名の陰に隠れて他人を誹謗中傷しようと思っている人は、自分の情報をコントロールして出さない選択をするでしょうね。すると、やはり、ネット上での誹謗中傷の被害者が泣き寝入りを強いられる社会を続けることになりそうです。

 個人情報流出の危険性っていってみたって、文明的な生活を送ろうと思えば、それはある程度やむを得ないわけではないですか。それは、個人情報を登録させるのはけしからんという理由にはあまりなっていないわけですよ。

名前: 小倉秀夫 | June 30, 2005 02:13 AM

 ネット上で実名を名乗ることがそんなに危険なことかということ自体が実は結構思いこみだったりするのではないかとも思いますけどね(誹謗中傷に明け暮れている人々は、危険かも知れないですけど)。

名前: 小倉秀夫 | June 30, 2005 02:28 AM

やはり小倉君は情報は流出して当然と考えているようだ(というか既に流出しているから)。そして誹謗中傷の被害者に対する救済の前にはプライバシーの考慮はかなり低い。流出してもたいして危険性はない、と。

勅使河原

また上手いこと言質をとったものですね……、っていうか私の購入履――

隊長

フフフ、全くもって当然のことだったよ。共通(固定)IDや固定IPの問題、Cookieのプライバシー問題に全く乗ってこないからおかしいとは思っていたのだが。そもそもプライバシー問題とかを考慮していないなら、話題に乗るはずもないな。彼にとっては無駄でしかないから。

勅使河原

いやだから私のですね?

隊長

しかし、私を含め中にはそういった方面を考慮に入れている方は居ます。
しかし小倉さんが「悪意あるものに情報が渡っても構わない(既に漏れてるから手遅れ)」「渡っても使われなければいい」的考えでいるのであれば(と言うか、ここで『そうであった』と確認できたわけですが)、根本から議論がかみ合う訳はありませんから、そりゃあ意味がない。
何故なら、「必要あるとき(警察とか裁判時とか)に確実に個人を特定する」為の準備にプライバシーを犠牲にすることを厭わない手段をとる(正確には根本から気にしない)、ということですから。

名前: サスケット | June 30, 2005 01:09 AM

ということでこれで一定の成果は出たな。共通IDだとか個人特定のトレースが小倉君から出たときは「でもこれプライバシーの考慮とかしていないんですよね?」と書き込むことで大きく無駄を省くことができるようになる。

というか、SuperCookies問題だとか、固定IPの問題とかで今まで多くの人が頭を抱えているのに、その前提を無視して話を進めようということ自体無駄だな。「SuperCookies問題なんて考える必要はありません」レベルから始めてるようなものだ。

勅使河原

なにが悲しうてそんな言葉をIT専門の弁護士相手に……じゃなくて幼――

隊長

という訳で今回は、前回に引き続き、「情報フロンティア研究会報告書――個と個の連携を通じて知識創造プロセスの進化がもたらされる社会を目指して――」の内容に迫ってみよう。

[総務省から共同通信の伝言ゲーム大失敗]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。