初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省と文部科学省の対立?

 普通に生活をしていれば、氏名や住所、電話番号を他人に知られずに生きていくことは難しいのです。従って、ネット上でさえ匿名で過ごしていれば、氏名や住所等を晒されずに済むということはないのです。従って、ネット上での匿名性を保障することは、多くの人々にとって、個人情報がネット上に晒されることを回避する対策として有効ではないのです。

名前: 小倉秀夫 | June 27, 2005 10:23 AM

氏名・住所などの個人情報は、ネット上で匿名で振る舞っていても多くの人に把握されているのですから、必要なのは、ネット上で匿名で発言できるようにする工夫ではなく、悪意のあるものが個人情報を悪用できないようにする工夫です。

名前: 小倉秀夫 | June 28, 2005 01:01 AM

すごい簡単ですよ。

悪意あるものに情報が渡らないようにするんです。

名前: サスケット | June 28, 2005 01:26 AM

どうやってですか?

氏名、住所、性別、生年月日なんて、住民基本台帳に掲載され、公開されていますし、社会上に存する様々な公的あるいは私的なサービスを受けるにあたって、氏名、住所、電話番号、生年月日等を登録するなんてことは、普通の人々は日常的にこれを行っており、この種の情報は既に様々な人に行き渡っているのですが。

 それに私たちは、現実社会で交流のある人には通常実名を教えてしまっているのですよ(住所や電話番号等まで教えてしまっていることすら少なくありません)。

名前: 小倉秀夫 | June 28, 2005 02:01 AM
隊長

ふむ……なるほど。小倉君に足りないものが何かやっとわかったよ勅使河原君。つまり、自分の情報をコントロールするという概念がないんだ。

我々は、「友人にはここまで公開」「知らない人には公開しない」という類の判断を行っているのだが、小倉君の頭においては友人だろうとなんだろうと、公開したら公開でおしまいなのだよ。なるほどそれでは意見がかみ合わないはずだ。

勅使河原

友人に公開したらそのまま悪人に流れても当然ということなんでしょうか?
確かに、学校に入学(公開)したら、いつのまにか卒業アルバムが名簿屋経由して拡散とかはよくある話なんですが。

隊長

……そこまではわからんのだが。しかしまあ、「友人に」とか言うレベルの話で言うと、そういうことはしちゃイカンと文部科学省のえらい人は考えていたはずなのだが。

他人の個人情報を無断で開示するなど,他人のプライバシーを侵害しないこと。

仮に、小倉君の言うように「現実社会で交流のある人」に教えてしまったら悪意あるものに情報が渡るも同然だというのなら、むやみに他人に渡さないように教育をするとかなんとか有ると思うのだけれども。ああ、それすら無意味か。「既に広がっている」のだからしてもう手遅れなんだな。なんと怖いインターネットか?!……というかもうここまできたらインターネットとか関係ないレベルだな。

勅使河原

小倉先生の意見だと、情報が渡っているのを前提に、情報が悪意ある人間に渡っていても使われないようにしようという話ですよね。……どうやって?

隊長

どうやるというか……まあ、なんだ。町村殿の言うとおり小倉君の反論がそもそも反論になってないと解釈したほうがよかろ。

「ネット上の活動に起因してプライバシー侵害を受けることを心配しているのですから、ちょっと話がすれ違ってますね。」

現実において友人知人のみならず、全く知らない人や名簿屋などにも情報が広がっているのは間違いないことだとは思うが、だとしても「既に広がってるから、ネット上で改めて広げても(使われなければ)問題ならない」という暴論は話が合わんだろう。

とはいえ全く無視するのもかわいそうな気がする……というか、われらは左翼に味方するブログなので、あえて話題に乗ってみるならば、こう解答するところだろうか。

「ネット上の活動に起因してプライバシー侵害を受ける」パターンと「不特定多数の個人情報から何の意図もなくランダムで受ける悪意」のパターンを混同してはいけません。

勅使河原

乗るどころかめさめさ突き放してますよ!

隊長

むう……私だってなあ、辛いんだ、押したいんだよ!

勅使河原

怪しげなスイッチを掲げてヘンなこといわないでくださいよ!Σ( ̄д ̄ )

[総務省と文部科学省の対立?]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。