初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼の者の為に流行れコメンツスクラーム!
隊長

おかしいなあ。

勅使河原

どうしました?

隊長

とすれば、社会的なシステムとしては、インターネット上で批判を受けた者は、自らを公然と批判する者がどこの誰であるのかを──それが正当な批判であれ、不当な批判であれ、批判の名を借りた単なる個人攻撃であれ──知ることができるというものが望ましいのではないかと思います。

私はこれを見て、小倉君の意見を「何に使うかもわからん理由で批判者全ての情報を知ることが出来る」というものだと判断していたのだがそれに対してこんな解答が来てね?

上記引用文中における「知ることができる」という部分が、「住所・氏名を知る」という情報開示を意味しているのではなく、「トレースできる」という同定能力を意味していることが理解できます(「CODE」第五章からの引用文中の「知ることができる」と同義)。

どうも小倉君が知りたいことは住所・氏名ではないという意見らしいのだが。

勅使河原

じゃあ、隊長が勘違いなんじゃ?

隊長

いや、その前にこれも根拠に上げていたのだが。

ひたすら無題 Ver2.0 無審査で個人情報開示が求められる

 なお、仮名から実名へのトレースは、刑事告訴や民事訴訟を提起することなしに行えるシステムを構築した方が、紛争の訴訟前の解決を図りやすく、おそらく却って情報発信者にとっても利益に繋がります。

福田君が言う「同定能力」。すなわち――各発言の同一性を判断する能力というのは識別IDとしてのハンドルネームを推奨する私としても認める部分はある話だ。確かに、小倉君の言う「議論の真摯さ」を保証する助けにはなるだろう。「なりすまし防止」などの役割でな。
しかし仮に発言者間の同一性を判断出来るようになったとしても、この「矛盾」エントリで述べているような「訴訟前の紛争解決」に何の助けを与えるかがわからない。

勅使河原

まあ、誰かと誰かの同一性がわかったとして……訴訟まで発展しかねない紛争のなんの役に立つかはさっぱりですね。

隊長

しかも、実際に「知ることができる」という部分が、「住所・氏名を知る」という情報開示を意味しているという根拠は挙げたつもりだったのだが。

「ネット上での紛争は、当事者間で解決する」ことを原則とするためには、紛争当事者の一方が他方の氏名及び連絡先を知ることができるシステムが不可欠です。

おっと、失敗した。「住所・氏名」ではなく「氏名と連絡先」だったよ。

勅使河原

あんま変わりませんけどね。

隊長

ま、福田君は何か言いたいことがあるなら、前後の文章のほかにも以前の文章も見てもう一度やりなおし。「小倉君は紛争を刑事告訴や民事訴訟無しで解決するために、紛争相手の氏名及び連絡先を知って何に使うのだろうか?」よし、では今日はおしまい。

[彼の者の為に流行れコメンツスクラーム!]の続きを読む
スポンサーサイト
リピータを増やす2つの要素
隊長

とあるサイトで興味深い話題があったのでちと考えてみたいのだが。

つまり、どんな大ヒットでも、それが1回だけならリピーター様は獲得できないケド、中ヒットや小ヒットでも、それがたくさん出ていればリピーター様は獲得できるということなのですよー。

ところで勅使河原君。リピーターがリピートして見に来る理由とはなんだろうか?

勅使河原

そりゃあ……巡回先に見るべき内容があるからじゃないですか?

隊長

うむ。そのサイトを見てもいないうちから多分面白いと思うから見に行く。つまり、リピーターが以前見たときと別の面白い記事があるはずだから再訪問するということになる。

勅使河原

まあ、同じ記事を読んでも意味ないですし、かといってつまらないものは見ないですからね。

隊長

つまり、リピートしてもらうための条件は以下の二つであると考えられる。

  1. 読者に前と違うものがあると予測させる。
  2. 読者に前と違う記事も面白いはずだと予測させる。

とまあ、この二つを読者に予測させればリピータを増やすことが出来るはずだ。

勅使河原

また簡単にいいますな……。

隊長

一つ目はそう難しくない。「更新頻度は一日一回あると良い」とかよく言われている話しだし。例えば毎日更新しているサイトなら「翌日も違う記事があるだろう」と予測させることが出来るので、毎日訪問を望める。週一更新のサイトなら、日曜に一回行けばいいやという予測をされてしまう。

勅使河原

では、面白いはずだと予測させるには?

隊長

それが冒頭の話題に繋がるのだよ。ものすごく乱暴な例えをするが、今月一回一万ヒットを飛ばしたサイトと、10回千ヒットを飛ばしたサイトとどちらが先にヒットを飛ばすと思うかね?

勅使河原

む、確かに確率だけ見れば後者ですかね……。

隊長

『中ヒットや小ヒットでも、それがたくさん出ていれば』次もヒットするだろうという予測に繋がるのだよ。何度も面白いものを見せられれば「この人は次も面白いものを出してくる」と思わせることが出来るだろうから。まぐれなのか実力なのかを閲覧者に予測させるには一度だけでは足りないだろう。

勅使河原

むぅ…結局はアクセスアップの条件は、まぐれでなく継続的に面白いことを書ける才能ということですか……。

隊長

別に才能でなくても発想でも努力でもいいが。

勅使河原

そういえば侍魂も先行者以外にヒットマン事件簿とか大ウケでしたねぇ。

隊長

ちゆも更新頻度が落ちてからアクセス数が激減しているし……それでもリピートされてるのはたいしたものだが。私もちゆはブックマークから落ちてWWWC入りにランクダウンさせてしまったよ。

勅使河原

どんなに面白くても不定期更新だと見に行く手間が無駄になってしまうというわけですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。