初音さんのためにみっくみく中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールが盗聴された?!個人情報が晒された?その前にこれ!これを張っておけば一安心(深夜通販風)

隊長隊長、ついに今日―2005年4月1日より個人情報保護法の一般法部分(第4章以降)が施行されますね。

うむ、と言うことで今日は個人情報保護について語ろうと思う。去る2004年11月25日、個人情報保護法の『第五章 公衆送信利用者の義務等』が丸々削除されたことは記憶に新しいと思う。

一部で結構騒がれていましたよね。公衆送信利用者―つまり、インターネット利用者を対象とした法律でしたからね。
midnightpax 記者事件でWorld Wide Web に公開済みの自分の氏名、住所などの情報を勝手に公開されてBlog閉鎖する羽目に陥ってましたが、故・第五章にはそういった暴露行為を罰する条文が含まれていたんでしょう?
それが、あんなに急に除外することになるとは……。あれって一体何があったんですか?一部陰謀論者は、『2ちゃんねらの暗躍だ』とか言っていましたが。

そうだな。確かに故・第五章が施行されると遡及効果であの時実名晒しをした人間まで罰せられる可能性があったので非難が集中したのは確かなのだが。
実は簡単なオチでな。第五章のある条文が不正だったため、違法契約無効の原則に従い、全て無効化されそうだったんだ。しかしなんとか2005年4月1日の施行に間に合わせるために、不正な部分を含む第五章を分離して現在の形で公布されるようになった。
まあ、アレだけ各企業も準備に奔走しているのに、うっかりしてたせいで駄目でしたとも言えんだろうからな。幸い公衆送信利用者=個人向け部分のみだったので、企業向けから分離して何とか間に合わせたんだ。
流石にこのあたりの『一つ入れ忘れてました』という話はマズいと思ったのかあまり公開されていないようだな。

不正だったんですか?

つまりだな。日本個人情報保護機構(JIAFA)が『世界の個人情報保護法策定の必要事項をまとめたアイルランド条約』で必要とされている条文から1項目抜けていた事を発見したんだ。その内容を簡単言うと、変名(芸名やハンドルネーム)でも個人情報にあたると言う記載がすぽーんと抜けていたわけだ。

うわぁ……なんと間抜けな。midnightpax氏もそれが無ければ「おまえ等来年度からえらい目になるぞゴルァ、謝罪と賠償を(略)」とか言えてたわけですね。

きの毒なことだが、ものすごくタイミングが悪いな…と言えばそうでもない。実はちゃんと文句は言えたんだ。アイルランド条約の附則によると、条約加盟国において該当の法律=個人情報保護法が施行されていなくても、一定の申請さえ行っておけば、後に遡って文句つけてもいいぞ、としている。その遡れる日付はなんと2004年8月3日。

midnightpax事件当てはまるじゃないですか?!Σ( ̄■ ̄)なんですかそれまずいですよ!?申請って簡単に出来たりするんですか?

でもmidnightpax氏は無理だな。何せページを消してしまったからな。消さなければ良かったのだが……。
申請といっても本当に簡単なことだよ。著作権を示すために自分のウェブページの下に(C)マークつけたりするだろ?あれと同様で、サイトのトップに自分の名前・もしくは変名(ハンドルネーム)とあわせて、(JIAFA)と記載しておけばいいんだ。これが『日本個人情報保護機構に準拠するので、代わりに私を守ってください』と言う申請になる。
しかも準拠すると言っても、『私は他人の個人情報を勝手に使ったりしないで法律を守ります』と言うあたりまえのことだけ守っていれば『準拠とみなされる』のだから、実質書けば終わりなのだ。

はー…ページとか消して逃げるのも良し悪しなんですね。えーと、ウチの場合だと『サスケット(JIAFA)』とか書いとけばいいと?

すぐできただろう?サイトのトップページに一箇所だけそうやって書いておけばいいのだから。
右翼にメール盗聴され年齢を暴露されて困ってるとか、midnightpax記者事件のように公開済みの実名と職場・住所などを晒されたら嫌だな、と思う我が左翼の盟友の皆さん。凄く簡単なのでやってみてはいかがだろうか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。